やふにゅ~

Yahoo! ニュースの紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終末期医療 決定手順で初指針

回復の見込みがなくなった末期状態の患者に対する終末期医療について厚生労働省は9日、その決定手順に関する指針「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」を大筋でまとめた。患者本人の意思決定を基本に進めることを最重要とし、医療行為の開始・不開始の判断は「医療・ケアチーム」が行うことが柱。終末期医療に関し、国が指針を作るのは初めて。この日同省の検討会で大筋で了承され、文言修正後、各医療機関に、検討会が作った解説編とともに通知する。

 指針は終末期医療を進める手順についてのみ定めており、延命装置の取り外しなど具体的な医療内容や医療従事者の法的責任については踏み込まなかった。検討会は指針の解説編で検討課題と指摘しており、厚労省は今後これらを改めて検討していく。

 指針は、終末期医療を進めるうえで、患者本人が医療従事者とよく話し合い意思を決定することを「最も重要な原則」と指摘。具体的な医療行為の開始や不開始、実施中の治療の変更や中止は、医師だけでなく看護師などさまざまな専門職の医療従事者で構成する「医療・ケアチーム」で判断するよう求めた。

 患者の意思が確認できる場合は、医療従事者と患者が合意した治療方針内容の「文書化」を規定。時間や病状の変化により患者の意思が変わることから、「その都度、説明と意思の再確認」を行う-としている。

 患者の意思が確認できない場合は、家族による患者の「推定意思」を尊重。家族が患者の意思を推定できない場合は、家族と話し合い、同チームが患者にとって最善の治療方針を決める。家族がいない場合も同チームで判断する。

 患者と家族、医療従事者の間で、治療方針の決定が合意できない場合は、医療・ケアチームとは別に、複数の専門職からなる委員会を新たに設け、方針の検討と助言を行うよう求めた。

終末期医療 患者の意思を尊重 国指針 専門職チーム判断
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000001-san-soci
スポンサーサイト
  1. 2007/04/10(火) 11:50:52|
  2. 社会

プロフィール

koko034

Author:koko034
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。