やふにゅ~

Yahoo! ニュースの紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HOYA、TOB方針は批判に配慮

光学ガラス最大手のHOYAが、今年10月に予定するカメラ大手、ペンタックスとの経営統合をTOB(株式公開買い付け)で行うとの方針が6日、明らかになった。両社は株式交換方式による統合を予定していたが、交換比率についてペンタックス株主に不満が広がっていたことに配慮する。

 HOYAはTOBを来週前半に機関決定し、6月下旬から7月上旬まで実施する考え。買い取り価格は1株770円を想定し、発行済み株式の過半数の取得を目指す。

 当初の計画でHOYAは、ペンタックス株1株に対し、HOYA株0・158株を割り当てる案を提示していた。

 これは、昨年12月のペンタックスの株価に約10%のプレミアムをのせて算出した額だが、経営統合の発表後にペンタックスの株価が急上昇。2月末の世界同時株安などで乱高下しつつも、最近は600円台後半で推移している。6日の終値は前日より47円高い733円、時価総額は937億6900万円まで膨んだ。

 このため、TOBに変更することで、株式買い取り価格を2~3割引き上げ、ペンタックス株主の資産毀損を防ぐことにした。

 一方、統合方式の変更には、ペンタックスと第三者の結んだ契約が合併存続会社となるHOYAの経営に「影響を与える恐れがある」(HOYAのIR・広報グループ)との判断もあったもようだ。TOBによる子会社化で、ペンタックスと他社との契約に変更や影響が出ないよう配慮する。

 ただ、ペンタックス株の23・9%を保有する資産運用会社、スパークス・アセット・マネジメントなどがTOBに賛同するかは不透明。ペンタックスはTOBへの賛否について、「調査中なので、答えることはできない」(IR・広報部)としている。

HOYAがTOB方針 ペンタックスとの経営統合 株主の批判に配慮
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000016-fsi-ind
スポンサーサイト
  1. 2007/04/07(土) 12:55:23|
  2. 経済

プロフィール

koko034

Author:koko034
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。